FC2ブログ
2014.05.01

book

book.jpg


海外文学を読むときいつも思うのは、訳す人によって物語りはこんなにもかわるのか、ということです。
うつくしい翻訳文を読むと、人の善意を信じられる気がします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://melodramatic222.blog137.fc2.com/tb.php/243-4a85b319
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する