FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.01

book

book.jpg


海外文学を読むときいつも思うのは、訳す人によって物語りはこんなにもかわるのか、ということです。
うつくしい翻訳文を読むと、人の善意を信じられる気がします。


スポンサーサイト
Posted at 23:01 | illust | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。