FC2ブログ
2018.11.11

サマセット・モーム  「英国諜報員アシェンデン」

サマセット・モームの「英国諜報員アシェンデン」を再読。
これ、言わば「英国諜報部、その夢と現実」の後者を描いた物語り。
現場の末端エージェントであるアシェンデンが3K職場(福利厚生激薄、命の保証無し)て「やれやれ…」と嘆息しながら淡々と任務を遂行していく地道展開が楽しい。

アシェンデンは任務をこなす過程でヨーロッパの様々な国籍の老若男女と関わり合います。 いずれもさっと一筆書きした、見事な人物デッサンを見るように生き生きとした人物造形で、読む者の脳裏にありありとヴィジュアルが浮かんできます。

ashenden_01.jpg

ashenden_02.jpg

ashenden_03.jpg

ashenden_004.jpg



スポンサーサイト
Posted at 20:13 | illust | COM(0) | TB(0) |
2017.10.05

わたしを離さないで イメージイラスト

2016.10.06
2016.09.02
2016.02.19

スーツ姿の男性

12745409_946137578809796_8568111165351098576_n.jpg


男性のスーツ姿、肩のラインがシャープだと目を奪われます。
上等な仕立ての服はラインがきれい。
収まりの良い重さもあって、たとえば、風でジャケットの裾がひるがえっても軽薄にならない。
端整な落ち着きが常にあって、すてきだなと思います。

Posted at 01:05 | illust | COM(0) | TB(0) |